Sell家を売る

[買い替えのお客様]

「買い替え」とは、現在の住宅の「売却」と新居の「購入」をセットで行うことになります。
買い替えの流れを確認し、一般的な買い替えの手順を見ていきましょう。

買い替えの動機の大半は、今の住まいに対する問題や不都合、環境の変化などです。 だからこそ、まずはそれらを解消できる住み替え先の必要条件の絞込みをしっかりと行うことが重要になります。

  • 買い替えの理由
  • 検討事項
  • 家族が増え、今の住まいが手狭になった
  • いつまでにどんな家を見つけるか
  • 転勤や入学などで生活環境が変わった
  • 転居することのメリットやデメリット
  • 高齢で家や庭の手入れが面倒になった
  • 利便性、病院などの周辺環境

買い替えのタイプ

お買い替えを進める上では、まずお客さまのライフスタイルにあった買い替え方と、全体のプランをしっかり決めることがポイントです。 買い替えには次の3つのタイプがあります。

・買い替え先の購入と売却を同時に行うタイプ
・先に売却を済ませ売却資金を確定させて買い替え先を探すタイプ(先行売却)
・買い替え先を購入したあとに売却するタイプ(先行購入)

ここでは、特にタイミングが難しい先行売却と先行購入についてご紹介します。

01

先行売却

「買い替え資金」の大きなウエイトを占め、不確定要素の強い「売却資金」を最初に確定させることを目的として、先に今の住まいを売却する方法です。
基本的には「売却」を済ませるまで「購入」には進みません。
ただし、「売却」が決まった後に新居が見つからない場合は、仮住まいのための引越しが必要となり、その手間や費用がかかります。
なお、新規の住宅ローンを利用するために、今の住まいの住宅ローンを先に返済しなければならい場合は、この方法を選択せざるを得ない場合もあります。

01現在の住まいの売却の契約締結
02買い替え先を本格的に探し始める
  • 買い替え先が
    決定
  • 期間内に買い替え先が
    見つからなかった
  • 03買い替え先を
    決定・契約締結
  • 03今の住まいの決済のため
    仮住まいへ引っ越し
  • 04自宅の売却と
    買い替え先購入を同時決済
  • 04売却物件の決済
    買い替え先探しの継続
  • 05新居へ引越
    売却物件の引き渡し
メリット
資金面や他の条件面でも安全にじっくり「売却」することができる
デメリット
旧居の引渡しまでに新居へ引越しできなければ「仮住まい」が必要
02

先行購入

「買い替え資金」などを把握し、新居探しを優先して購入物件を決定した後に、今の住まいを売却する方法です。
「売却資金」などを手堅く見込むことができれば、資金面のリスクは低くなり、「納得できる新居を、チャンスを逃さず購入」できます。
ただし、売却時期が想定より遅れた場合、住宅ローンの二重払いが生じたり、相場変動などの要因によって想定した売却資金が減少するなどのリスクがあります。

01買い替え先の購入の契約
02今の住まいの売却をスタート
  • 期間内で
    売却できた
  • 期間内で
    売却できなかった
  • 03売却物件と
    買い替え先の同時決済
  • 03買い替え先の
    購入の契約の解除
  • 04新居へ引越
    売却物件の引き渡し
メリット
じっくり新居を探せる
(見つからなければ「買い替え」しない)
デメリット
住宅ローン二重払い、相場変動などによる売却価格の減少のリスクがある
買い替え先の物件探しはこちら

無料にて査定のご依頼を
承っております。

まずは、お問い合わせください!

お問い合わせフォームはこちら
  • お急ぎの方はお電話で!
    AM10:00~PM19:00(水曜定休)
  • 三宮本社フリーダイヤル0120-347-606
  • 岡本営業所フリーダイヤル0120-462-700
  • 垂水営業所フリーダイヤル0120-705-303